バランス調整 201804 Ver.

KOLIN

コーリン
変更箇所 調整内容
プレッシャーリッジ(前投げ) ダメージを120⇒130に変更しました
立ち強P(通常版/Vトリガー版) ガード時の硬直差を-2F⇒-4Fに変更しました
しゃがみ弱P 上方向の攻撃判定を縮小しました
しゃがみ弱K アブソリュートゼロでのキャンセルのタイミングを3F遅くしました
しゃがみ中K ①やられ判定を上方向に拡大しました
②アブソリュートゼロでのキャンセルのタイミングを3F遅くしました
③攻撃判定を後方に縮小しました
④攻撃持続を3F⇒2Fに変更しました
しゃがみ強K ①一段目はヒット/ガード問わず、ダイヤモンドダスト/アブソリュートゼロ/フロストエッジでキャンセル可能に統一しました
②二段目はヒット/ガード問わず、ダイヤモンドダスト/アブソリュートゼロ/フロストエッジでキャンセル不可能に統一しました
コールドロー ①一段目はヒット/ガード問わず、ダイヤモンドダスト/アブソリュートゼロ/フロストエッジでキャンセル可能に統一しました
②二段目はヒット/ガード問わず、ダイヤモンドダスト/アブソリュートゼロ/フロストエッジでキャンセル不可能に統一しました
ブライニクル ①ヒット/ガード問わず、ダイヤモンドダスト/アブソリュートゼロ/フロストエッジでキャンセル可能に統一しました
②通常版とVトリガー版のヒット時の硬直を5F増加しました
フロストスパイク ガード時にアブソリュートゼロでキャンセル可能に変更しました
スノウグレーン ガード時にダイヤモンドダスト/アブソリュートゼロ/フロストエッジでキャンセル可能に変更しました
フロストエッジ ①ダッシュ中以外から発動した場合のVタイマー消費量を500F⇒1000Fに変更しました
②自キャラの後方に位置する相手に攻撃がヒットしないように対応しました
※地上の相手にのみ対応を行っており、空中コンボに関しては影響ありません
ダイヤモンドダスト ダメージを90⇒120に変更しました
前ダッシュ(Vトリガー版) Vタイマー消費量を500F⇒700Fに変更しました
インサイドスラッシュ(Vトリガー版) ①ヒット時の硬直差を+3F⇒+2Fに変更しました
②ガード時の硬直差を-7F⇒-8Fに変更しました
③硬直を20F⇒21Fに変更しました
フロストタワー ヒット時の相手のEXゲージ増加量を20⇒100に変更しました

【 音量を調整してお楽しみください 】

※メッセージは1件のみ保存できます。

気になるファイターにTwitterからバトルを申し込んだり
道場仲間との連絡に活用できるぞ!上手に使って腕を磨こう!

CLOSE

道場とはSFV好きなメンバーで構成されるサークルのようなもの。
シャド研にログインしていれば、誰でも入門できるぞ!

  • 道場はカジュアル勢からガチ勢だけでなく、どんな人達で集まりたいかを細かく設定することができるので、自分に合った仲間を見つけることができるぞ!同キャラ使いや同リーグの仲間を見つけ、互いに腕を磨こう!

  • Fighter's IDとTwitterアカウントの連携に対応!

  • 道場に入門するだけで、新ステージ「Dojo」が使用できるぞ! ※ゲーム中の「Dojo」ステージにはプレイヤー自身がカスタマイズした道場の情報が反映されます。(師範を含め、他の道場メンバーの設定内容が反映されることはありません)

  • 「Dojo」ステージはゲーム内コンテンツ、メナトの「気まぐれ占い」でプレイヤーが獲得した道場オブジェクトを使用してカスタマイズが可能!個性的なステージで対戦相手を驚かせれば、心理面で有利になること間違いなし!

  • SFVをいつも通りプレイしていると自然と「道場ポイント」が溜まるぞ! ※道場ポイント(DP)はアーケード・サバイバル・エクストラバトル・ランクマッチ・カジュアルマッチ・バトルラウンジをプレイすることで獲得できます。
    ※以下のプレイによってDPを獲得できるのは1日10回までとなります。
    ・アーケード・サバイバルモードでの各難易度プレイ
    ・バトルラウンジ使用

  • 道場ランキングは道場メンバー全員の合計ポイントで決まるので、仲間と一緒に上位を目指してみよう!

  • 道場ランキングの上位になると特別な道場オブジェクトをプレゼント!道場に飾って対戦相手に自慢してやろう!
    道場ランキングは2018年10月スタート!!

道場のご利用にはログインが必要です。

基本設定で入門の承認を「不要」、入門受付を「受付」にし、最大メンバー数を「100」にして手広くメンバーを募集!大人数ならDP大量ゲットのチャンス!

目標で目指すリーグやLPランキングをシビアに設定!メンバー同士で切磋琢磨し、夢へ一直線!

最適なコミュニケーション手段がスムーズな対話を後押し!「対戦×対話」で無限に広がる可能性!