Side readers

Side readers : 05「蠱毒」(前)

春節で賑わう街を歩く男がいた。F.A.N.G。
かつて裏社会で権勢を誇り、ベガの腹心として暗躍した男はシャドルーなき今、何を思うのか......

蠱毒(前)

 中国、某所。二月。

 日が落ちて、風の出始めた街を、男が歩いていた。

 湿った風は整然と建ち並ぶビルの間を抜け、街路を渡って、路傍のごみを暗い空に巻き上げる。すっかりこの国の名物になったスモッグも、今夜はいくらかましだった。星の見えない空の下、ハイテク機器を誇らしげに宣伝する看板が、無機質な光を夜に投げかけている。街路を行く男の横顔で、不自然に色づいたLEDの光が深い陰を作った。

 王雷ワンレイ方小飞ファンシャオフェイ、マイケル・ファン、フー・マンチュウ......

 時々に男はそう名乗ったが、いずれも本当の名前ではなかった。自分が何と名付けられた何者だったのか、男自身もとっくに忘れてしまっていた。男は、時にF.A.N.Gファンの名で知られた。あるいは、男の属する後ろ暗い社会では、単に男の職業が名前の代わりだった―― 兇手ころしや

 毒の手を持つ暗殺者。痩身のスーツの背を丸め、両手をズボンのポケットに突っ込んだ男の正体は、それだった。黒社会と呼ばれる、この国の裏の世界で、毒使いとして恐れられる男だった。

 毒手。男が最初にそう呼ばれてから、もう随分たつ。毒使いとして果たした最初の仕事が、男から感情を奪っていた。サングラスの奥から、男の笑わない目が年明けの街を眺める。

 出稼ぎの人々が里帰りする今の時期、改革開放を旗標に急激な発展を遂げた経済都市には、普段の半分の賑わいもない。それでも通りをそぞろ歩く人影は絶えず、人々は声高に挨拶を交わし、政府に禁じられた爆竹を鳴らし、それぞれに新年を祝っている。歓声と火薬の匂い。計画的な先進性と拭いきれない伝統との入り交じった町並み。雑多でしたたかで貪欲な、この国そのもののような風景がそこにあった。

「......おおっと」

 前から歩いてきた酔っ払いが、男とぶつかりそうになってよろめく。男に食ってかかろうとして、思いとどまる。男の体からは、酔っ払いですらたじろぐほどに強烈な酒の匂いが漂っていた。

「は、ははは。めでたい酒はうまいよな」

 赤ら顔に苦笑を浮かべて、気安く男の肩を叩く。千鳥足が遠ざかった。

 男が何者であったのか、酔っ払いは知らなかった。知らずにいて、幸運だった。最強の兇手と呼ばれた男は、かつて界隈の黒社会で権勢を誇った組織の頭目だった。

 裏の世界で、男は生きてきた。生き残るために力を求めた。殺して奪い取った。気がつくと多くの部下を従え、黒社会で顔役になっていた。その頃の男に気安い真似をしたら、次の日に鰻の餌になってもおかしくなかった。

 組織を率いてた時期、男は己の力を誇った。何も恐れなかった。だが、満たされもしなかった。最初に殺人者になった時から、男は生きながらに死んでいた。ただ空隙を埋めるように、組織を、権力を拡大した。やがて男は、そこに行き着いた。

 シャドルー。

 黒社会に身を置いて、その名を知らぬ者はなかった。合法、非合法を問わず、世界にその根を張り巡らせる、超越的な闇の帝国。どの国にも裏社会はあるが、シャドルーは別格だった。総帥ベガは、世の全ての裏社会に君臨する王のごとき存在だった。


 その王に、男は挑んだ。

 そして、破れた。

 完全な敗北だった。

 数知れぬ死線で研ぎ澄ました暗殺者の技のことごとくが、及ばなかった。男の最大の武器である毒すらを、ベガは力でねじ伏せ、砕いた。表の力も、裏の手も。兇手として生き抜いてきた日々を、黒社会の有力者としての誇りを。男のすべてを、ベガは圧倒した。

 超絶的な暴力を体現したベガという存在が、男を打ちのめした。

 ただひとりの個人の、暴力による世界支配。ベガの掲げる野望が、男の空隙を埋めた。自らの組織をなげうって、男はシャドルーへと下る。ベガに圧倒された己のすべてをもって、ベガの野望に尽くすと、心に定めた。ベガの腹心、シャドルー四天王のF.A.N.Gファンであることに、男は充実を見いだしていた。


 ......だが、シャドルーは壊滅した。

 ベガは討たれ、その野望は潰えた。

 仕えるべき王を喪い、再び男は空虚だった。

 ベガの死を、未だ信じ切れていなかった。シャドルー再興に一縷の望みをかけて、かつて男が身を置いた黒社会を奔走した。以前には男が顎で使っていたような相手にも挨拶に出向き、頭を下げた。杯を出されれば、干した。

 そうして文字通り酒を浴びた帰りに、男は夜の街をあてどなく歩いていた。少しも酔ってはいなかった。千の毒をその身に取り込んだ毒手の男を、酔わせる酒はこの世にはなかった。

【 音量を調整してお楽しみください 】

※メッセージは1件のみ保存できます。

気になるファイターにTwitterからバトルを申し込んだり
道場仲間との連絡に活用できるぞ!上手に使って腕を磨こう!

CLOSE

道場とはSFV好きなメンバーで構成されるサークルのようなもの。
シャド研にログインしていれば、誰でも入門できるぞ!

  • 道場はカジュアル勢からガチ勢だけでなく、どんな人達で集まりたいかを細かく設定することができるので、自分に合った仲間を見つけることができるぞ!同キャラ使いや同リーグの仲間を見つけ、互いに腕を磨こう!

  • Fighter's IDとTwitterアカウントの連携に対応!

  • 道場に入門するだけで、新ステージ「Dojo」が使用できるぞ! ※ゲーム中の「Dojo」ステージにはプレイヤー自身がカスタマイズした道場の情報が反映されます。(師範を含め、他の道場メンバーの設定内容が反映されることはありません)

  • 「Dojo」ステージはゲーム内コンテンツ、メナトの「気まぐれ占い」でプレイヤーが獲得した道場オブジェクトを使用してカスタマイズが可能!個性的なステージで対戦相手を驚かせれば、心理面で有利になること間違いなし!

  • SFVをいつも通りプレイしていると自然と「道場ポイント」が溜まるぞ! ※道場ポイント(DP)はアーケード・サバイバル・エクストラバトル・ランクマッチ・カジュアルマッチ・バトルラウンジをプレイすることで獲得できます。
    ※以下のプレイによってDPを獲得できるのは1日10回までとなります。
    ・アーケード・サバイバルモードでの各難易度プレイ
    ・バトルラウンジ使用

  • 道場ランキングは道場メンバー全員の合計ポイントで決まるので、仲間と一緒に上位を目指してみよう!

  • 道場ランキングの上位になると特別な道場オブジェクトをプレゼント!道場に飾って対戦相手に自慢してやろう!
    道場ランキングは2018年10月スタート!!

道場のご利用にはログインが必要です。

基本設定で入門の承認を「不要」、入門受付を「受付」にし、最大メンバー数を「100」にして手広くメンバーを募集!大人数ならDP大量ゲットのチャンス!

目標で目指すリーグやLPランキングをシビアに設定!メンバー同士で切磋琢磨し、夢へ一直線!

最適なコミュニケーション手段がスムーズな対話を後押し!「対戦×対話」で無限に広がる可能性!