メニュー

ゲスト

ROUND 2:伊津野英昭さん 前編

お疲れ様です。
こんにちは、中山です。

今回はストリートファイターZEROの生みの親の一人で
「ジャスティス学園」
「ドラゴンズドグマ」
「DMC」を作り出した
先輩ディレクターの
伊津野英昭さんにインタビューしてきました。

自分が入社して二番目に担当したゲームで一緒になり
かれこれ十数年仲良くして頂いている
頼れるアニキです。

ZEROから生まれる...

icon_naka_twitter.jpg

伊津野さんが
ストリートファイターZEROに
携わるきっかけを教えてください!

icon_itsuno.jpeg
入社したての新人の時は
30分早く出社して掃除するんですよ。
で、掃除がちょっと早く終わるんで
部屋でずっとゲームするんですよ。
NE○-○○○※1の(笑)

元々対戦格闘好きなんで
K○F94ばっかやるんですよ(笑)
※1 100メガショックなハード。
icon_naka_twitter.jpg

○○○-GE○のゲーム
ばっかりじゃないですか!

icon_itsuno.jpeg

だってカプコンの
ゲーム遊ぶのは仕事だから(笑)
もちろん就業時間外ですよ。

icon_naka_twitter.jpg

なるほど。

icon_itsuno.jpeg
もちろん就業時間中は
カプコンのゲームですよ。

当時はバグチェックの部署が 無かったから
自分たちでやってたんだよね。

そんな感じで
ほんと入社一年目に上司※2
ポンポンって肩たたかれて
「ストリートファイター クラシックやらんか?」
って言われたんです。
※2 船水紀孝さん。偉くてすごい人。
icon_naka_twitter.jpg

「ストリートファイター クラシック」

icon_itsuno.jpeg

そうそう略して「SFC」って言って。
スーパーファミコン全盛期の時で。

icon_naka_twitter.jpg

へー。

icon_itsuno.jpeg
最初からスーパーファミコンに
移植する気満々でスタートしたはずです。
当時の企画書にも
「SFC」って書いてあります。


まぁ当時、BENGUSさんが描いていた
初代ストリートファイターの
キャライラストがあったんで
これでゲーム作ろうかって話になっていたんです。
ストーリーを考える先輩がいて、
全体を見る船水さんがいて。
でも、企画マンがいなかったので

「やらんか?」って。

一年目ですよ。やらないかって。
zero_one.jpg
BENGUSさんによる初代ストリートファイターの隆、拳。
icon_naka_twitter.jpg

すごいですね!!

icon_itsuno.jpeg
自信なんかあるわけない。
格闘ゲームは遊ぶけど作ったことが無い。
でも「やらんか?」と言われたので
「やります、やらしてください!」
前のめり食い気味に...。
icon_naka_twitter.jpg
なるほど(笑)
それが後の
「ストリートファイターZERO」ですね。
icon_itsuno.jpeg
当時、新人なんかが
携われないタイトルだった
「ストリートファイター」を
作れるなんて!というね。
icon_naka_twitter.jpg
そのころには
「ストリートファイターⅢ」
開発スタートしてたんですよね。
icon_itsuno.jpeg
そう、もう結構つくっていて
【本当】のエースたちは
そっちにみんな行っていて
人がいないってのもありましたね。

それと合わせて
CPシステムII基板が出始めて
余っているCPシステムⅠ基板の
在庫処理で作ってくれと言う話もありました。

これ、書けへんな(笑)
icon_naka_twitter.jpg

あ、
もう安田さんのとこで書いちゃいました。

icon_itsuno.jpeg
書いたんかい(笑)

当時2D格闘ゲーム最強基板
CPシステムII(以下 CPS2)があったにも関わらず
CPシステムⅠ(以下 CPS1)で作るというね。
icon_naka_twitter.jpg

結果、すごいヒットして
CPS2版もあったんですよね。

icon_itsuno.jpeg
その時はCPS2のレンタル基盤の
在庫処理で(笑)
でもレンタル基板なんで、
レンタル終わったら戻ってくる。
だから
在庫がずーっと残っているという。

なので今度は売り切りで出してくれと。

そもそも
スーパーファミコンに移植する気で
作っていたから、
移植はしやすかったんです。

当時珍しいハイブリッドプログラムで
CPS1とCPS2で
画像の表示の仕方が違うんです。
それぞれの基板で
見た目は同じなんだけど
表示の仕組みが違うという。

でこれがまた
もう一つオチがあって
売れるもんだから
またレンタル版を作っちゃう。
icon_naka_twitter.jpg

えええ、
せっかく売り切りを作ったのに?

icon_itsuno.jpeg
売り切り版も出して、
さらにレンタルも作るという。

レンタル版が戻ってくる。

在庫が全然減らなかった(笑)

それが後々の
ZERO2とか作っていく布石となったんだよね。

結果、CPS2ボードの
延命になったんじゃないかな。

その時すでにストリートファイターⅢは
CPシステムⅢ(以下 CPS3)で作っていたからね。
icon_naka_twitter.jpg

ストリートファイターZEROが出なかったら のちに続く
CPS2のタイトルはなかったんですね。
icon_itsuno.jpeg
当時、僕が入社した(94年)は
すごくて
CPS3で正当な続編
ストリートファイターⅢという切り札を作りつつ
CPS2では
「ヴァンパイア」
「スーパーマッスルボマー」
「X-MEN」が並行で作られているという。
さらに続けて「MSH」
格ゲーマニアが 驚くタイトルばかり。

それまではカプコンは
あれだけ格闘ゲームが流行っているのに
ストリートファイターⅡシリーズしかない
というイメージで
対して○N○さん※3
いろんな格ゲーを出していたわけで

「カプコン何やってんだ!」

自分もユーザーさんもそう思っていた。

でも、中に入って
「おおおお、すげえぇ!」
えげつない数のプロジェクトが走ってるって!

空中を自在に飛び回って
エリアルレイブをきめるタイトルの横で

驚くほど滑らかなアニメーションをする
タイトルがあって...
※3 100メガショックを作った会社さん。
icon_naka_twitter.jpg

さらに投げ技フィニッシュで
地面に突き刺さるゲーム※4
あったわけですね!

※4 権利関係で画像が張れないプロレスゲーム。
icon_itsuno.jpeg
そう(笑)
KA-BOOM!ってね。

その頃が色んな格闘ゲームの
開発スタートだったんだよね。

入社試験の日が
スーパーストリートファイターⅡXの
ロケテスト※5だった。

当時アーケードなのにTVCMやってたからね。
※5 ロケーションテストの事。アーケードゲームが正式稼働する前にテストで店舗で展示したりします。
icon_naka_twitter.jpg
あー、ありましたね!
実写の!
キャミィが
すごいかわいかったですね。
cm_cammy.jpg
懐かしい、そして美しい。


若い力

icon_itsuno.jpeg
当時のカプコンの格ゲーは
硬派でマニアックな
イメージだったじゃない。

それに対してS○Kさんの格ゲーは
カジュアルでユーザーさんに近い
ユーザーさんが欲しいものを
素直に提供する身軽さがあったと思うんです。

○○○○スペシャル※6とかさ。
※6 餓えた狼の伝説。僕は小さいお爺さん(柔道じゃない方)使いでした。
伊津野さんは、空中から相手を踏みつけるキャラと、パンツの人使いだそうです。
理由は○○伝○2のSFC版で超必殺技のボタン同時押しがやりやすかったから とのこと。
icon_naka_twitter.jpg

なるほど。

icon_itsuno.jpeg
そこ狙いたかった。
だから、新人の若手の
ユーザーさんに近い感覚が残っている
考え方が残っている、
という意味での抜擢だったのかなと。
icon_naka_twitter.jpg

面白いですね。
その時BENGUSさんも若手として?

icon_itsuno.jpeg
2年目ですよ(笑)
もうバリバリ絵を描かれてましたね。
ストリートファイターZEROのポスターを描いたのも
僕の同期で1年目(笑)
icon_naka_twitter.jpg

いや、凄いですね(笑)
船水さん、凄い張り(チャレンジし)ましたね。

icon_itsuno.jpeg
はははは(笑)

最初からカプコンの
売り上げをどうにかしろ、 というのじゃなくて
基本、在庫処理だから
新人使いながら

やりたいこと
やったらいいんじゃない?

という感じだったのかな。
だからいい意味で
チャレンジできたんじゃないかな。

納得いかへんくらい
アニメーション少ないとか
塗りも、ベタに近いとかだったけどね。
icon_naka_twitter.jpg

開発期間も
メチャ短かったんですよね。

icon_itsuno.jpeg
メチャ短かった。
ちょうど阪神大震災直前の
12月ぐらいにチーム入って
年あけた5月には
アメリカでロケテスト(笑)
icon_naka_twitter.jpg

実質半年くらいですよね?

icon_itsuno.jpeg

リリースしたのは
夏くらいだったから。
icon_naka_twitter.jpg

...いや、無理ですね。
今では(笑)
icon_itsuno.jpeg
ただ、一番時間のかかる
キャラクターのアニメーションは
先行してやってたから、
もうちょっとかかってるかな。

当時はプロデューサーという職業もないし
コスト意識もなかったんだけど
とにかく、サクッと作って出す
という感じでした。
icon_naka_twitter.jpg

そうかー。
それで大ヒットですもんね。
えれぇ給料上がったんじゃないですか?

icon_itsuno.jpeg

上がってないよ(笑)



ファイナルファイトのキャラクター

icon_naka_twitter.jpg
ストリートファイターZEROに
ファイナルファイトのキャラが
登場しているじゃないですか?
それって何か理由があるんですか?
icon_itsuno.jpeg
そもそも
ファイナルファイトが
ストリートファイター '89※7じゃない。
初代ストリートファイターと
ストリートファイターⅡの間に
ファイナルファイトがあるからです。

同じ世界観でストⅡ前夜を
作りましょう、という話だったから
自然な流れだよね。

キャラの選定自体は
アニメーションを作るために
自分が入る前に決まってました。
sf89.png
※7 ファイナルファイト開発中の名称は「Street Fighter'89」だった。
1989年稼働だったので年号が入っているのだ。
ストリートファイターとファイナルファイトの世界はつながっている!
icon_naka_twitter.jpg

そんな中でもソドムって
えらいピンポイントな...。

icon_itsuno.jpeg
やっぱり、ファイナルファイトで
めちゃめちゃ強かったから※8
余りにもみんなの印象に残ってたから
じゃないかな(笑)

みんな日本刀で
斬られまくってたんだろうね。
ff_sodom.png
※8 カプコンは2面で殺しに来る!
icon_naka_twitter.jpg
なるほどね~。

でも、そこからなかなか
ダイキョウバーニング※9には
発想がいかないですよ。
摩擦で燃えるっていうのは
理にかなっていて好きでした。
zero_sodom.png
※9 相手を掴み、地面に擦り付け燃やす荒業!
icon_itsuno.jpeg

ゲームセンター○○○※10
同じ原理だよね(笑)
※10 1秒間に200万回レバーを叩くゲームが得意な青年の物語。


長くなったので、続く・・・。


 

■きいている人■
なかやま
nakayama_tw.jpg
■こたえてくれた方■
伊津野さん
icon_itsuno_tw.jpg
WEBラジオ始めました!