CONTENTS

傘が語る大きな雨音

  • 380
2021.07.30

#18 「Dead by Daylight」×「バイオハザード」コラボ!レオンとネメシスを使ってバイオハザードの魅力をお伝え!(前編)

ジルを使ってネメシスと対峙した後編はこちらからご覧ください!


大人気非対称ホラーゲーム「Dead by Daylight」(以下DbD)と大人気ホラーゲーム「バイオハザード」のコラボレーションが始まって一ヶ月ほど経過しましたが、皆さんはもう遊ばれましたか?

なんとゲームディレクターのMathieu Côtéさんに今回のコラボの開発についてお話をお伺いすることができましたので、ご紹介させて頂きます。

Mathieu 私たちBehaviour社にとって、「バイオハザード」のような貴重で大きな世界観の中でお仕事できる機会を頂いたことは、名誉であるとともに素晴らしい挑戦でもありました。私たちは、「バイオハザード」のゲームで育ち、その世界を熟知しているプレイヤーが、「DbD」内のマップでくつろぎ、私たちが表現するキャラクターにすぐに親しみを感じてもらえるようにしたいと考えました。そのような中でカプコンのチームと協力して、伝説的な「バイオハザード」の要素を「Dead by Daylight」の世界に導入することができました。

また、私たちはファンの皆さんを驚かせるために、常に秘密にして進めることを心掛けていますが、今回は大成功でした。
何度か危ない場面もありましたが、なんとかサプライズを維持して素晴らしい2つの発表の場を設けることができました。まず、カプコンのイベントでは、次の章が「バイオハザード」であることを発表し、そして、「DbD」の5周年記念イベントでは、その歴史的な章に登場するキャラクターやマップを公開しました。コラボのニュースを初めて聞いたファンの方々のリアクションビデオは、今でも社内で流されています。本当に素晴らしかったです。

素敵なコメントを頂きありがとうございます。発表前から「DbD」と「バイオハザード」のコラボを期待する声はあったと思いますが、素晴らしいサプライズにして頂き本当に嬉しく思います。

今回の記事はボリュームが多くなったため、前編と後編に分けさせて頂きました。
後編には「DbD」開発スタッフの皆さんからのコメントを掲載します。後編の公開も楽しみにしてください!

 

コラボ初日、早速DLCのバイオハザードキャラクターとコスチュームを全て揃えました!笑 コラボが始まる前にBP(キャラクターを育成するのに必要なポイント)もしっかり上限の100万まで貯めていたので、キャラクターのレベルを上げて準備万端です。「DbD」コラボのプレイを通してバイオハザードの魅力をよりお伝えしていけたらと思います。レオンは無事に脱出することができるのか、そしてネメシスはジルを倒すことができるのか!?早速霧の森に入っていきましょう。

 

さあ試合が始まりました、マップはみんな大好きラクーンシティ警察署です。知っている方も多いと思いますが、「DbD」は一人の殺人鬼と四人の生存者で対戦する非対称対戦ホラーサバイバルゲームで、鬼ごっこのようなルールとなります。殺人鬼は生存者を倒してマップ内にあるフックに吊るして殺す、生存者は殺人鬼から逃げて発電機を直し脱出することが目的となります。果たしてレオンは原作通りにこの警察署から脱出することができるのでしょうか!?殺人鬼から隠れたり逃げたりしつつ発電機を修理していかなければならないのですが、バイオハザードといえば探索ですよね!ということで、うちのレオンは警察署内を探索したいという欲求に負けてしまいました。

ごめんなさい他の生存者さんたち……パーティーリボン(全員の獲得ポイントが2倍になるアイテム)を持って来たのでどうか許してください!!!

 

この通路やっぱり歩いているだけで怖いなーと思っていたらゾンビ登場!「バイオハザードRE:2」(以下「RE:2」)でも恐る恐る暗い通路を歩いていたらゾンビが現れて噛みつかれ絶叫したことがあるので、心臓がヒュンとなりました……そして、ゾンビがいるということは今回のキラーはネメシスですね、やったぜ!

「RE:2」でも「DbD」でもプレイヤーを恐怖に陥れるゾンビ。夜中にプレイしていたのでめっちゃ怖かったです……!

 

ビビりすぎてゾンビを避けることができずに「感染」してしまいました……ネメシスはゾンビの位置が分かるので、彼が来る前に急いでこの場を離れなければ!!ラクーンシティ警察署は「DbD」に登場するマップの中でもかなり複雑なので、自分がどこにいるのか把握するのが結構難しいですね。しかし私はラクーンシティ警察署が登場する「RE:2」や「バイオハザードRE:3」(以下「RE:3」)をプレイ済なので、バッチリ警察署内の地図が頭に入っております!バイオハザードプレイヤーならではの利点をガッツリと活かしていきましょう!

「RE:2」でマービン先輩にお世話になったメインホールにやってまいりました。女神像やタイプライターなどもきっちりと再現されていて、DbDのスタッフの皆さんの愛を感じますね!

警察署のホールとは思えないたたずまいもしっかり再現!

「RE:2」でメインホールならセーブポイントもアイテムボックスもあるから安全と思っていたら、タイラントの足音が聞こえてきて捕まった時を思い出します……。

「RE:2」での思い出。「DbD」ではこうならないように気を付けます……!


ホールの一階から左に向かうと西側のオフィスにたどり着きます。「WELCOME LEON」の飾りもちゃんと再現されていていました!!

レオンでプレイしていると、歓迎されている気分になれて嬉しくなりますね。

しかもですね、机の上にある「L」の飾りまでちゃんとありました!!Behavior社の皆様、すごすぎます!こんな細かいところまで再現されているとは思っておりませんでした、バイオハザードファン必見ですね。

 

殺人鬼がやって来た時に備えて、ちゃんと部屋の中の窓枠や板の位置を確認しておきましょう!そんな感じで探索をしていたら心音が聞こえてきて、ついにネメシスに見つかってしまいました……。レオンはグレネードを落として爆発させ、キラーを怯ませるパーク(キャラクターに付与できる能力)である「スタングレネード」を持っています。ここで使わずしていつ使う、これでネメシスを目くらまししてあげましょう!!くらえっ!!!

めっちゃ光っていますが、ネメシスには効いていない模様。

あ、あれ?スタングレネードを落とす場所が悪かったのか、ネメシスが光もものともせず普通に追いかけて来ていますね……まずい、走ってレオン!!

はい、逃げきれずにダウンされてしまいました。なけるぜ……。しかし私には仲間がいます、というかこの後は仲間の活躍により警察署から無事脱出できました。笑 スタングレネードを華麗に失敗したのが悔しいので、練習して出直してきます!

 

今回はここまでとさせて頂きます。後編ではネメシスを使って遊んだ体験をご紹介しますので、楽しみにお待ちください!

  • 380

BACK TO LIST

通信エラーが発生しました (エラーコード: UAP0001)

Safariをご利用の方へ
ご利用のブラウザがSafariの場合、"バイオハザードアンバサダープログラム"が
正常に動作しない可能性があります。
その際は、以下のいずれかの方法にてご利用願います。